So-net無料ブログ作成

とらドラ! 第22話 感想 [テレビ]

090305_01.jpg
「逢坂ーーーーー!!!」
雪山でのことが忘れられず、HR中に寝言で叫んでしまった竜児。
「悪夢から覚めた高須くん、そのプリントは明日までに忘れずに
 提出してくださいね」

090305_02.jpg
090305_03.jpg
春田と能登に誘われて新しいラーメン屋にやってきた。
並びながらの話で能登も春田もちゃんと進路を考えていると知る。

090305_04.jpg
「で、女子はどうなんだ? 高須っちゃんチェック入れてる?」
「誰の?」
「櫛枝に決まってるでしょー」
090305_05.jpg
「文系どわーーーーーい!!!」
いいタイミングで割り込むバイト中のみのりん。

090305_06.jpg
「じゃ、注文を聞こうか。ちなみにイケメンとか言ったら目潰しだから」
「イケメン」
「イケメン」
「イケメン」
090305_07.jpg
プス!
プス!
プス!
この流れがすごく好きだ。

090305_09.jpg
家で進路の話をしようとしても、泰子は能天気に
「だーいじょうぶ、なんとかなるってー」
というばかりで真面目に取り合おうとしない。

090305_10.jpg
「進学しないと言う選択は、そんなにおかしなことですか!?」
進学しないことを選んだ竜児に30歳独身は
「この調査票からは見えないの。他の誰でもない高須くん自身の考えが」

090305_11.jpg
090305_12.jpg
家に帰ると泰子はいなかった。
学費のためにバイトを増やした泰子の置手紙を見て
「大丈夫って、何とかなるって、こういうことか」

090305_15.jpg
しばらく学校を休んでいた大河が帰ってきた。
「大河ー!おまえ、いったい、誰と、どこで、何を」
「だって久しぶりにママに会えたんだもん、仲良くホテル泊まって
 買い物したりお食事したり映画見たり思いっきり甘えちゃった」

090305_16.jpg
(やっぱいいな、大河がフレームにおさまるこの景色)

090305_20.jpg
「そうだ、忘れてた。ありがとう。あんた北村くんとみのりんとで
 わたしを探してくれたんでしょ」
「覚えてねえんだろ、お前は気を失ってたんだから」
「うん、でも夢は見てた気がする。北村くんがわたしをおんぶしてくれててさ、
 わたしは夢うつつにバカみたいなことボロボロしゃべってるの。
 それは、夢…だよね」

090305_21.jpg
(こいつはあのことをなかったことにしたいのか)
「夢だよ、でも北村がお前を背負って崖を上がってきたのは本当のことだ」

今回はつなぎの回だったな。
あと3話でどうまとめるのか楽しみ。
しかし竜児は大河が自分のこと好きだって判ってから現金すぎやしないかね。
これでみのりんや亜美も竜児が好きだって判ったらどうなるんだ。
タグ:とらドラ!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。